鈑金塗装

本社は鈑金の専業店として40年以上もの実績のある備後鈑金。
だからこそ、様々な知識と経験のもと修理が可能。
事故車の修理も、もちろんお任せください。

車体のキズ・ヘコミの修理

「早い」「お得」「キレイ」「安心」のサポートで、小さいキズやヘコミから大きいキズまで、確かな技術で修復いたします。

鈑金から磨きまで、独自に開発した技術やツールで、実作業や待ち時間を大幅に短縮いたしました。時間短縮により、コストも削減。ハイクオリティな修理を、低価格でご利用いただけます。
「ちょっと変わった色なんだけど…」というお車も、お気軽にご相談ください。どんな色でも分析して作るので、色・仕上がり共に絶対の自信を持っています!
大破したお車もBINGOグループにお任せください。経験豊富なスタッフが車の破損の状態を診断し、大破鈑金塗装をいたします。
5分で見積もり提供・どこよりも安い修理代金・どこよりも早く納車いたします!

キズ・ヘコミ修理の流れ

①損傷を確認
作業前にキズの深さや大きさを確認します。

②鈑金作業
専用の鈑金引き出しツールを使ってヘコミポイントを引き出します。

③パテ作業
引出しが終わったら塗装面の剥離とパテ埋め作業になります。パテ埋めでは専用の特殊硬化型パテを用います。

④サンディング作業
パテ埋めした部分の研磨作業です。専用パテの使用で研磨時間を短縮します。

⑤サーフェサー作業
塗装前の下地処理作業をします。サーフェサーと呼ばれる下地処理剤を吹き付け、短時間で硬化させます。

⑥マスキング作業
施工場所以外の部分をミストから保護。養生シートも専用器具を用いて1人作業で時間短縮。

⑦調色(分析)
車の色を確認し、色を調合。出来上がった色を塗って、微妙な色の違いを調整して仕上げます。

⑧上塗り塗装
下地処理が終わったら、いよいよ塗装です。プロの腕の見せ所、どんな色でも違和感のないように塗装します。

⑨磨き作業
塗装乾燥後にコンパウンドを用いて磨き作業です。ポリッシャーで仕上げて、あなたの車はピッカピカ!

 塗装について

時代とともに変化する色を忠実に再現し、正確なカラー分析・調色を行なっています。
ボディーのへこみや擦り傷は、放置しておくと、そこからサビが生じる場合があるため、早めの鈑金・塗装が必要です。
BINGOグループでは、上下圧送式により、異物の混入を極力抑えハイクオリティな塗装が可能。モーター制御にインバーターを使っているため、きめこまかなセティングができ、漏れがなく、環境にもやさしい仕様になっています。
焼き付け温度を自動制御し、四季を問わず安定した焼き付け塗装を施すことが出来ます。

事故修理

現在、GLOBALJIG(グローバルジグ)というフレーム修正機を使用してフレーム修正と鈑金修理をしています。

フレーム修正機は、タイヤがむしり取られたとか、車体がよじれてしまったとか、テレビでよく見る衝突実験車みたいにつぶれてしまった車の寸法を、技術と経験によってミリ単位で正しい数値に修正することが出来る機械です。
GLOBALJIG(グローバルジグ)はフェラーリで有名なイタリア製で、アタッチメントが前後・左右・上下に動くタイプのものが数組付いていて車の寸法表に合わせて固定して使うタイプです。ヨーロッパの代表的なメーカーの指定を受けています。

①損傷を確認
作業前に損傷の度合いを確認します。

②フレームの修正
グローバルジグを使用してミリ単位のフレーム修正を行います。

③測量判定
測量を判定します。

④事故前に復元
フレームを切断後、新しい部品を取り付け、事故前に復元します。

⑤鈑金過程終了/strong>
この後、塗装作業を開始します。